電子マネー」カテゴリーアーカイブ

仮想通貨について

最近はコインチェックから580億円相当のNEMが盗まれる事件で大騒ぎですね。
ネットTVのアベプラでは毎日のように仮想通貨の特集組んでブロックチェーンの技術についてをわかりやすく説明してくれたりしてます。
仮想通貨に対して批判的な意見も多い中でこれだけ連日ニュースになるのは確実に人々の生活に入り込んでいることの証拠でしょうね。
こんなオレも2015年頃から数万円程度で試しに買ったり売ったりしてました。こんなに値上がりすることなんて思ってもいないので投機的な気持ちも全くなくただ新しい技術に触れてみたいってだけでした。

オレが主に取引に使っているのはZaifです。当時twitterを見ていてここの朝山氏が仮想通貨のtweetなんかもしてて、この人が日本における仮想通貨のトップ走ってるのかなんて勝手に思ったりして。でその人がやってるZaifで試しに口座開設したのが始まりです。

で最近、仮想通貨の取引は確定申告が必要だって話が当たり前になってきてオレも自分の取引少し整理して理解しとこうかと思ってZaifから自分の取引履歴をダウンロードしてきて年ごとにまとめてみると。
昨年よく知らんけど試しにNEMを購入してました。しかも当時1XEM=1円程度だったので20000XEM一気に購入してました!!!

で、驚くことに翌年すぐに1XEM=0.5円を下回るあたりで20000XEM一気に手放してましたww

なんてことか。。。。2017年のNEMのMaxが200円くらいだったのでそのまま持っていれば約400万円くらいになっていたことになりますね。。。。
いまはコインチェックショックで1XEM=70円になりましたがそれでも140万円くらいでしょうか。

ちなみにMONAコインもそれなり持ってましたがすぐに下がった段階で売ってしまってました。
MONAも2017年は相当値が上がってましたね。これからも上がる可能性あるのでしょうか。

いずれにしてもオレは試しに購入してみて爆上がりする前に全部売るってパターンなようで。
お金持ちにはなれないみたい。


ビットコインについて

以前のブログでビットコインを購入したきっかけとか、どこで購入したかなど書いたりしました。

今日は実際にビットコインをどうやってwallet間で移動するのかとか書いてみようと思います。

オレはビットコインの購入、管理にはzaifという仮想通貨の取引所を利用しています。ここは自分の口座を開いてそこに日本円を入金することで、そのお金を元にビットコインなどの仮想通貨を売買できます。ビットコイン以外のモナコインなども同様に売買できます。

そことは別に自分のiPhoneにもbreadwalletというビットコイン専用のwalletも利用しています。

とりあえずzaifの自分の口座のビットコインをiPhoneのwalletに移動してみます。

今、zaifの口座から0.1ビットコインを自分のiPhoneに移動します。出金金額に移動するビットコインの量を、出金アドレスに自分のiPhoneのwalletのアドレスをコピペします。オレはすでに自分のwalletのアドレスを登録しているので、それを選ぶだけです。

出金手数料は基本0.0002btcかかります。これはビットコインマイナーの報酬になるとの事。

この時自分のiPhoneのwalletの状態はこんな感じで0.099862btcあります。

zaifの画面で出金ボタンを押すと数分も経たないうちにwalletの残高が0.199862btcになってるのが分かります。出金前後の時刻を見ても2分程しか経っていません。

送金手数料も0.0002btc程度だと数十円程しかかかっていません。



これが実際の生活で様々な決済手段として利用されるととても便利だろうと思います。遠くに住んでる子供の仕送りもwalletからwalletへすぐに送金可能だし。海外旅行に行っても同じ通貨で決済出来ると便利だろうと思います。飲み会の割り勘なんかもいちいち1人ずつ徴収する必要もないし。

とかまあいろいろ便利かもな〜とおもったりしますね。


Apple payについて

去年の12月にiPhone6からiPhone7に買い換えました。

本当はiPhone7で大幅なリニューアルを期待していたのに9月の発表ではFeliCa対応がもっぱら一番のニュースで、しかも対応する鉄道系のカードではSuicaのみというので一気に興味を失くしてしまったといのが正直なところ。

オレは通勤はオール東急線なため定期カードはPasmoなので期待していた「iPhoneでピッ!」って改札通過の夢は儚く散りました。




それでも日頃から「全てをスマホに。財布は持たない」生活を熱望していたオレにとってはApple payが日本で使えるというのは夢への第一歩でありました。まあ、androidならばおサイフケータイで既に同じことは出来ていたわけだけど、3Gの頃からのiPhoneユーザーのオレとしては是非iPhoneでおサイフケータイを実現して欲しいと思っていましたよ。

なので悩みに悩んだ末にApple storeでポチッ!ってしてしまいました。

Apple pay素晴らしいですね。今では殆ど財布要らず。この「殆ど」と言うのがミソだけど。

通勤の都合上どうしてもPasmoを持たなければならないオレは好きではないけど仕方なく初の手帳型ケースに買い替えました。開く側のポケットにはPasmoも収納してます。

こんな感じで。

登録しているカードはSuicaとクレジットカードを3枚。最初はUCカードとTS3カードをのみを登録していたけれど、この2枚はQuick pay対応カードなのでQuick payが使えるお店でないとせっかくのApple payも使えません。コンビニは大抵どこでもQuick payが使えるけど、他の店たとえばマクドナルドとか自動販売機とか結構Quick pay非対応で、そのかわりiDカードなら比較的対応している店舗が多い。Suicaは電子マネー対応店舗ならどこでも使えるけど、やっぱりプリチャージタイプの電子マネーだとあまり意味がないですね。ということでiD付きのクレジットカードを探して、三井住友カードならiD付きで、しかもそこで出してるAmazonゴールドカードならAmazonでの買い物でのポイント還元も2%なのでオレ的にはかなりお得。それを即ネットで申し込み。数日でカードはやってきました。

これでオレのiPhone7にはSuicaとiDとQuick payでフル装備です。大抵のお店では財布持たなくてもiPhoneだけで買い物出来てしまう。

それでも使い勝手はまだまだですね。希望するのは

1. Pasmo対応

2. Suica/Pasmoの後払い型カード化

が理想ですかね。

それでも大分電子マネーの環境が整って来ましたね。これからどんどん便利になっていって欲しい。